商品の説明

内容紹介


"インディペンデント映画の父" 孤高の映像作家ジョン・カサヴェテスの代表作が復刻!

「チャイニーズ・ブッキーを殺した男」 原題:THE KILLING OF A CHINESE BOOKIE

lt;INTRODUCTIONamp;STORYgt;
L.A.の場末にあるストリップ・クラブのオーナー、コズモ。長年の借金を払い終え、ついに一国一城の主となった感触に浸るコズモは、踊り子たちを連れて盛大に街へと繰り出した。
しかし秘密クラブのポーカー賭博でマフィアの罠に嵌められたコズモは、たちまち多額の借金を背負わされ、
暗黒街のボス"チャイニーズ・ブッキー"の暗殺を引き受けざるを得なくなってしまう…。

暗黒街、マフィア、ストリッパー、ナイトクラブ、犯罪─。フィルム・ノワール的なテーマを持つカサヴェテス作品の中でも特異な1本。
当時流行のギャング映画の枠組を借り、滅びゆく主人公にインディペンデント映画作家としての自身の姿を重ね合わせ、
心の苦悩や葛藤、悲哀を鮮烈に綴った意欲作。

lt;STUFFgt;
監督・脚本:ジョン・カサヴェテス
製作:アル・ルーバン
撮影:フレッド・エルムス、マイケル・フェリス
美術:フェドン・パパマイケル
編集:トム・コーンウェル
音楽:ボー・ハーウッド

lt;CASTgt;
コズモ:ベン・ギャザラ
ミスター・伊達男:ミード・ロバーツ
フロー:ティモシー・アゴリア・ケリー
モート:シーモア・カッセル

©1976 Faces Distribution Corporation

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジョン・カサヴェテス監督がハリウッドとはひと味違うもうひとつのアメリカを描くフィルムノワール。場末のストリップクラブのオーナー・コズモは、ポーカー賭博に大負けしてマフィアに借金を作ってしまい、暗黒街のボスの暗殺を引き受けてしまう。

  • 格安スマホ&格安SIM Headline

    MVNOやSIMフリースマホの本誌記事をまとめてご紹介! 格安SIMと格安スマホの最新トレンドがわかる!

  • 特集:5Gでつながる未来

    いよいよプレサービスが始まった5G。2020年代に社会に革新をもたらすその最新動向をまとめてご紹介します。

11月10日(水)

11月9日(火)

11月8日(月)